借地権の相続


借地権は難しいので、全て勉強するのは大変だと言えるでしょう。借地借家法に関することだけでも、かなり覚えるのが難しくなっているのです。これが日本の法律の厄介なところなのですが、借地権は通常借りる方の人を保護するためや、貸す方とトラブルになったときの対処法として存在しているといってもよいでしょう。基本的には借りる方に有利なような気がします。

しかし、貸す方にもきちんと配慮されているので、一方的に借りる方が有利になるというわけではありません。また、借地権というのは相続することもできるのです。相続というのは、このような権利も一緒に引き継ぐことができるのですが、厄介なことに相続税も必要になります。現在の日本は政治家の悪政によって、何でも税金を取られてしまうという社会になってしまいました。

そのため、借地権や借地借家法に関することは、弁護士や不動産の専門家に相談するようになるでしょう。しかし、相続に関することの場合には、税金が関係しているので税理士に相談する必要が出てくることもあるのです。しかも借地権のような権利というのは、どのように税金が課せられるのか知らない人も多いでしょう。基本的には路線価や評価額が関係してると言えるでしょう。

About 運営者