賃貸契約の法律


借地権がなぜ存在しているのかというと、土地や建物を借りる人と貸す人をきちんと守るために存在しています。法律では借地借家法でいろいろなことが決められているのですが、賃貸住宅というのはトラブルがとても多くなっています。そのため、このような法律が定められていないと、当然トラブルが発生しても解決できなくなってしまうでしょう。だからこそ存在している法律なのです。

貸す人は自分の持ち物を貸しているのだからと主張する人が多いですし、借りる人の方はお金を支払って借りているんだと主張することが多いでしょう。中には横暴な人もいるので、自分が所有している建物で好き勝手なことをするなと言う場合や、文句があるなら出て行ってほしいと言う人もいると思います。逆に借りている人は、お金を払っているのだから自由にやっていいと主張する人もいるのです。

このような事態を避け、弱い方の立場にある人を守るためにできた法律になります。もちろん法律なので、かなりわかりにくくなっているのが一般的なのですが、基本的に土地や建物を借りる方の人は、借地借家法という名前すら知らないことが多いでしょう。しかし、貸す方がわからない場合には不利になるケースもあるので、多少ではあっても知っておくべきです。

About 運営者