難しい借地権


どのようなことにも法律が適用されているのですが、それは不動産関連であっても例外ではありません。なぜ法律が適用されているのかというと、適用されなければどのようなことでも違法にならず、力を持っている人がやりたい放題できるからです。では、不動産関連にはどのような法律が適用されるのかというと、1つだけではなくたくさん存在しています。その中の1つが借地借家法という法律になります。また、土地の使用や権利などについては借地権というのが存在しているのです。

借地権というのは、簡単に言えば土地代や部屋代を支払って、そこを利用する権利を得ることなのですが、大きく分けると地上権と賃借権に分かれます。しかし、実質上借地権というのは、賃借権だと言っても過言ではありません。賃借権というのは、料金を支払って土地や建物を借りている人に関係していることなのですが、地上権は建物や土地に関係していることなので、基本的に関係しているのは地主の方なのです。よって借地権のことを知るのであれば、まず賃借権のことを知らないといけません。

この借地権に関係している法律が借地借家法なのですが、日本の法律というのは、一般の人にはわかりにくく記載されているのが一般的です。専門用語ばかり使って長い名前の法案にするのが特徴なので、当然理解するのはかなり難しいでしょう。だからこそ不動産屋との連携が重要になるのです。当サイトでは借地権に関することに触れているのですが、法律についても触れているので、よければ参考にしてみてください。

About 運営者