借地権の相続


借地権は難しいので、全て勉強するのは大変だと言えるでしょう。借地借家法に関することだけでも、かなり覚えるのが難しくなっているのです。これが日本の法律の厄介なところなのですが、借地権は通常借りる方の人を保護するためや、貸す方とトラブルになったときの対処法として存在しているといってもよいでしょう。基本的には借りる方に有利なような気がします。

しかし、貸す方にもきちんと配慮されているので、一方的に借りる方が有利になるというわけではありません。また、借地権というのは相続することもできるのです。相続というのは、このような権利も一緒に引き継ぐことができるのですが、厄介なことに相続税も必要になります。現在の日本は政治家の悪政によって、何でも税金を取られてしまうという社会になってしまいました。

そのため、借地権や借地借家法に関することは、弁護士や不動産の専門家に相談するようになるでしょう。しかし、相続に関することの場合には、税金が関係しているので税理士に相談する必要が出てくることもあるのです。しかも借地権のような権利というのは、どのように税金が課せられるのか知らない人も多いでしょう。基本的には路線価や評価額が関係してると言えるでしょう。

建物の所有に適用


借地権というのは、建物の所有に関することに適用される権利となっています。そのため、賃貸住宅に関しては借地権が関係していますし、当然借地借家法も関係してくると言えるでしょう。賃貸と言って思いつくのは、建物だけではなく、駐車場なども借りる人が多くなっています。家とセットで借りるという人も多くなっているのですが、駐車場に関しては適用されるのでしょうか。

借地権はあくまで建物に関することになるため、賃貸住宅など建物を借りる場合には適用されるものの、駐車場に関しては適用されません。もちろん借地権に関係している借地借家法も適用されないので、このような点もきちんと覚えておきましょう。借りる方の人はどこに適用されるのかという点については知らないことも多いでしょうが、貸す方の人は知っておく必要があります。

もちろん個人に貸している場合であっても、法人に貸している場合であっても一緒です。借地借家法は、個人や法人というのは全く関係ありません。あくまで所有している土地に建てられている建物に関することなので、このような基本的なことは把握しておくべきでしょう。他にも難しい点がたくさんあるので、知っておくべき基本的な内容だけでも勉強しておくべきです。

賃貸契約の法律


借地権がなぜ存在しているのかというと、土地や建物を借りる人と貸す人をきちんと守るために存在しています。法律では借地借家法でいろいろなことが決められているのですが、賃貸住宅というのはトラブルがとても多くなっています。そのため、このような法律が定められていないと、当然トラブルが発生しても解決できなくなってしまうでしょう。だからこそ存在している法律なのです。

貸す人は自分の持ち物を貸しているのだからと主張する人が多いですし、借りる人の方はお金を支払って借りているんだと主張することが多いでしょう。中には横暴な人もいるので、自分が所有している建物で好き勝手なことをするなと言う場合や、文句があるなら出て行ってほしいと言う人もいると思います。逆に借りている人は、お金を払っているのだから自由にやっていいと主張する人もいるのです。

このような事態を避け、弱い方の立場にある人を守るためにできた法律になります。もちろん法律なので、かなりわかりにくくなっているのが一般的なのですが、基本的に土地や建物を借りる方の人は、借地借家法という名前すら知らないことが多いでしょう。しかし、貸す方がわからない場合には不利になるケースもあるので、多少ではあっても知っておくべきです。

難しい借地権


どのようなことにも法律が適用されているのですが、それは不動産関連であっても例外ではありません。なぜ法律が適用されているのかというと、適用されなければどのようなことでも違法にならず、力を持っている人がやりたい放題できるからです。では、不動産関連にはどのような法律が適用されるのかというと、1つだけではなくたくさん存在しています。その中の1つが借地借家法という法律になります。また、土地の使用や権利などについては借地権というのが存在しているのです。

借地権というのは、簡単に言えば土地代や部屋代を支払って、そこを利用する権利を得ることなのですが、大きく分けると地上権と賃借権に分かれます。しかし、実質上借地権というのは、賃借権だと言っても過言ではありません。賃借権というのは、料金を支払って土地や建物を借りている人に関係していることなのですが、地上権は建物や土地に関係していることなので、基本的に関係しているのは地主の方なのです。よって借地権のことを知るのであれば、まず賃借権のことを知らないといけません。

この借地権に関係している法律が借地借家法なのですが、日本の法律というのは、一般の人にはわかりにくく記載されているのが一般的です。専門用語ばかり使って長い名前の法案にするのが特徴なので、当然理解するのはかなり難しいでしょう。だからこそ不動産屋との連携が重要になるのです。当サイトでは借地権に関することに触れているのですが、法律についても触れているので、よければ参考にしてみてください。